2018年5月8日火曜日

検察はタオルを投げろ! 元世界王者ら袴田さん支援

 元プロボクサーの死刑囚、袴田巌さん(82)の即時抗告審で、東京高裁は6月11日に再審開始の可否の決定を出すと明らかにした。袴田さんを支援する日本プロボクシング協会は“緊急アクション”「検察はタオルを投げろ!」の電子署名活動をさらに強化。元世界王者の山中慎介さんらが署名を呼び掛ける動画を作成した。下のYouTube画面が一部ブラウザで表示されません。その場合は下記のURLからご覧ください。http://ur2.link/JTpE

 強盗殺人などの罪で死刑判決を受け、無罪を訴え続ける袴田さんは2014年3月、静岡地裁の再審開始決定を受けて48年ぶりに釈放された。袴田さんの無実がよやく認められたと思いきや、検察がこれに異議を唱え(即時抗告)、東京高裁で審理が続いている。

 東京高裁が袴田さんにとっていい結果を出したとしても、検察が最高裁に特別抗告をすれば、袴田さんの無罪を証明する裁判はまだまだ続く。ましてや東京高裁が検察の主張を認めれば、袴田さんが再び収監される危険性もある。

 そこで協会はボクシング界の大先輩である袴田さんの支援を求める電子署名を開始。今回はこれをさらにプッシュする意味合いで、日本プロボクシング協会の渡辺均会長、西日本協会の井岡弘樹会長、元世界王者の山中慎介さんらが署名を呼び掛けた。電子署名はこちらから。http://chn.ge/2GQYIom