2018年9月24日月曜日

畑中ジュニアが7連続KO勝ち WBCユース王座獲得

  WBCユース・フライ級王座決定戦が24日、WBO世界フライ級タイトルマッチの前座で行われ、元世界王者の畑中清詞会長の息子、日本フライ級12位の畑中建人(畑中)がアプリリャント・ルマーパサル(インドネシア)に5回1分56秒TKO勝ち。初タイトルを獲得した。

 スタートから畑中はプレッシャーをかけながら左右を上下に散らしてアプリリャントをロープづたいに追い続ける。3回には畑中の左ボディでアプリリャントの身体をくの字に折るとレフェリーのカウントが入った。

 しかし2回に左足、そして3回には両足をつったという畑中はロープへと追うがコーナーには詰められない展開が続く。それでも5回、右ストレートで2度目のダウンを奪うと、再開後ボディを中心とした連打でレフェリーのストップを呼び込んだ。

 リング上で「マイナータイトルなので通過点と思っていたけど、獲るとうれしい」と答えた畑中の試合後恒例のバック転は、今回は(足の負傷で)前転だった。

◇フェザー級6回戦
竹嶋宏心(松田)[TKO2回1分52秒]キキ・マルシアノ(インドネシア)

 開始から竹嶋はしっかりと距離をキープしながら左右ストレートを突き刺し、そこからさらに強烈な左ボディを差し込みマルシアノの動きを止める。ラウンド終了間際にはボディの連打で早くもダウンを奪った。

 2回に入り更に攻勢を強めた竹嶋は右アッパー、左ボディのコンビネーション連打で2度目のダウンを奪うと、レフェリーはテンカウントを数え上げた。元拓大主将でB級デビューの竹嶋は2連続KO勝ち。

 第1試合では、元日本S・フェザー級王者で、世界挑戦経験のある杉田竜平会長の杉田ジム初のプロ選手、中野精がデビュー。同じくデビュー戦の山田俊介(伊豆)に1回1分48秒TKO勝ちで初陣を飾った。

 元日本ランカー、田中裕士(畑中)のS・バンタム級6回戦は、対戦相手のインドネシア選手が棄権し中止となった。