日本語

Home > ニュース > WBOミドル級新王者はアンドラーデ 2階級制覇達成
ニュース

2018年10月21日 日曜日

WBOミドル級新王者はアンドラーデ 2階級制覇達成

 WBO世界ミドル級王座決定戦が20日(日本時間21日)、米ボストンのTD・ガーデンで行われ、同級1位デメトゥリアス・アンドラーデ(米)が同2位ウォルター・カウトンドグワ(ナミビア)に3-0判定勝ち。2階級制覇を達成した。決定戦は前王者ビリー・ジョー・サンダース(英)がドーピング検査で違反薬物が検出され、王座を返上したことによるもの。

 元WBO・S・ウェルター級王者のアンドラーデ(27勝12KO無敗)は4回までに4度のダウンを奪うなど序盤に大量リード、KOを逃したものの楽々と逃げ切った。最終スコアは120-104×2、119-105だった。世界初挑戦だったカウトンドグワは25勝16KO1敗。

 同じリングで行われたIBF世界S・フェザー級タイトルマッチは、王者テビン・ファーマー(米)が挑戦者6位ジェームス・テニーソン(英)に5回目TKO勝ち。初防衛に成功した。

 サウスポーのファーマーは身長で劣るものの、スピードとボディワークでテニーソンを翻弄。4回に左ボディブローでダウンを奪うと、5回にも再びボディ打ちでテニーソンがうずくまりストップとなった。ファーマーは27勝6KO4敗1分。テニーソンは22勝18KO3敗。

■S・フェザー級世界王者
WBAスーパー ジェルボンタ・デービス(米)

WBA アルベルト・マチャド(プエルトリコ) =10.27ユアンデール・エバンスとV2戦

WBC ミゲール・ベルチェルト(メキシコ) =11.3ミゲール・ローマンとV4戦

IBF テビン・ファーマー(米)

WBO 伊藤雅雪(伴流)

Related

関連記事