February
26
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

10°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 井上尚弥と対戦のロドリゲスが米国入り
取材シャットアウトの極秘特訓

井上尚弥と対戦のロドリゲスが米国入り
取材シャットアウトの極秘特訓

2019年4月7日 9時35分

 ワールド・ボクシング・スーパー・シリーズ(WBSS)バンタム級準決勝で井上尚弥(大橋=WBAバンタム級正規王者)と対戦する同級IBF王者エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)が練習拠点を米国内に移したことが判明した。プエルトリコ紙の記者から「マニー・ロドリゲスは国外でトレーニングしている。場所はわからない」という情報を得たので、プロモーター兼マネジャーのフアン・オレンゴ氏に連絡を取ったところ、「米国の山の中にいる」という返事。しかし……。

こちらは井上、山中湖で短期合宿を終えた

 キャンプ地をたずねてみたがオレンゴ氏は頑なに口をわらない。「ロドリゲス本人さえ自分がどこにいるかわからない。トレーナーたちも同行しているけど彼らも知らない。知っているのは私だけ。本人に連絡しようとしてもダメだよ。電波も届かない地下みたいなところにいるから」と冗談とも本気とも取れる返答。煙に巻かれてしまった。

 先月ロドリゲスに話を聞いた時は「試合までプエルトリコを出ない」と語っていたが、秘密の特訓を敢行しているところをみると“モンスター”の力を十分に評価し警戒しているようだ。

 ちなみに同マネジャーは以前「米国のカリフォルニアで最終調整するかもしれない。その時、日本人のスパーリングパートナーを呼ぶかもしれない」と話していた。そこでしつこく聞いてみたが最後まで場所は明かさなかった。また日本人選手を招集することはなくなったとのこと。スパーリング相手は「現地調達」するという。

 5月18日、英国スコットランドのグラスゴーでゴングがなる井上との統一戦兼準決勝。ロドリゲス陣営は一旦プエルトリコに帰国後、5月15日ごろグラスゴー入りするそうだ。(三浦勝夫)

Related article
関連記事