0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2019年6月7日金曜日

ネリvsパヤノ正式発表 パッキャオvsサーマン前座

 プレミア・ボクシング・チャピオンズ(PBC)は6日、7月20日に米ラスベガスのMGMグランド・ガーデン・アリーナで行われるWBA世界ウェルター級タイトルマッチ、スーパー王者キース・サーマン(米)vs正規王者マニー・パッキャオ(比)のアンダーカードを発表した。

ネリ(右)とパヤノ、バンタム級実力者対決だ

 試合の模様はFOXが全米にPPV中継する。PPV中継のオープニングバウトは、日本になじみの深い元WBCバンタム級王者ルイス・ネリ(メキシコ)と元WBA同級スーパー王者フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)による10回戦だ。

 ネリはV12王者の山中慎介から王座を奪い、その後はドーピング違反、計量失格、王座はく奪と物議をかもした。“悪童”イメージが定着したものの、その後は3連勝しており、いまだWBA正規&IBF王者に井上尚弥(大橋)、WBC暫定王者に弟の拓真(同)が君臨するバンタム級で主要な地位を占めている。

 昨年10月、WBSS初戦で井上に初回KO負けをしたベテランのパヤノは3月の再起戦に勝利して今回の試合を迎える。ネリvsパヤノはバンタム級の今後を占う上で重要な一戦だ。

 ほかに元WBCライト級王者でいまだ無敗のオマール・フィゲロア(米)がヨルデニス・ウガス(キューバ)とウェルター級12回戦。元IBF・S・ライト級王者セルゲイ・リピネッツ(ロシア)はジョン・モリナ(米)と対戦する。