2019年6月15日土曜日

ウォーリントンvsギャラード 英ではIBFフェザー級

 明日15日(日本時間16日)英国リーズで挙行されるIBF世界フェザー級タイトルマッチの計量が14日行われ、王者ジョシュ・ウォーリントン(英)が125.5ポンド(56.93キロ)、挑戦者1位キッド・ギャラード(カタール=英)が125.75ポンド(57.04キロ)を計測。リミット126ポンドをクリアした。

 地元のウォーリントン(28勝6KO無敗=28)は昨年5月リー・セルビー(英)を下して王座獲得。12月には元2階級制覇王者カール・フランプトン(英)に明白な判定勝ちで初防衛戦を果たしている。

 最近12試合のうち10戦をリーズで戦っているウォーリントンはフェイスオフでギャラードと一発触発となり、立会人に制止される場面があった。

 世界初挑戦のギャラード(26勝15KO無敗)はカタールのドーハ出身の29歳。昨年10月、米国でトカ・クレイリー(リベリア=米)との挑戦者決定戦に勝ちIBF1位の座を獲得。海外試合はこの1戦のみで、あとはすべて居住する英国で行っている。

 ウォーリントンのフランク・ウォーレン氏、ギャラードのマッチルーム社と英国を代表するプロモーター同士の対決にもなっている。