2019年7月13日土曜日

コバレフがヤードとの指名戦合意 カネロはなし

 WBO世界L・ヘビー級王者セルゲイ・コバレフ(ロシア)が1位アンソニー・ヤード(英)との指名試合に応じる決断を下した。試合は8月24日、ロシアのチェリャビンスクで挙行される。ヤードをプロモートするフランク・ウォーレン・プロモーターが12日、通達した。

 今年2月、エレイデル・アルバレス(コロンビア=カナダ)とのダイレクトリマッチで王座に返り咲いたコバレフは最近、ミドル級統一王者サウル“カネロ”アルバレス(メキシコ)との一戦が話題に上がっていた。ウエートはS・ミドル級周辺のキャッチウエート。ヤードに待機料を払って実現に向かうとも噂された。だが、この王者対決はひとまず消滅した。

 破竹の勢いを誇るヤード(18勝17KO無敗)は27歳。コバレフ(33勝28KO3敗1分=36)にはかなりリスキーな挑戦者と見なされ、試合地を故郷近くに設定したのは正解か? 元L・ヘビー級3冠統一王者コバレフは3度目のWBO王座のV1戦となる。