0120_excite_650x150

0120_excite_650x150

2019年8月10日土曜日

ルイスvsジョシュアⅡ 12.7サウジアラビア開催 
ヘビー級統一戦は“砂丘の激突”

 世界ヘビー級統一タイトルマッチ、アンディ・ルイスJr(米)vsアンソニー・ジョシュア(英)のダイレクトリマッチが12月7日、サウジアラビアの首都リヤド郊外のディルイーヤで挙行されることになった。9日(日本時間10日)前王者ジョシュアのプロモーター、マッチルーム・ボクシングが正式にアナウンスした。

 両者は7月1日ニューヨークのマジソン・スクエア・ガーデン(MSG)で対戦。挑戦者のルイスが番狂わせで米国デビューのジョシュアに7回TKO勝ち。WBA“スーパー”、IBF、WBOの3冠を奪取した。メキシコ人初の最重量級王者となったルイスは大きな話題を呼び、契約に従い両者は再戦に臨むことになった。

 日程は11月下旬から12月上旬で交渉され、場所は前回と同じMSG、ジョシュアの地元英国の大会場、あるいはメキシコ国内が候補に挙がっていた。しかし地元投資家グループが1億ドル(約106億円)をオファーしたサウジアラビアに決まった。試合のキャッチコピーは”Clash on The Dunes.” (砂丘の激突)。

 マッチルーム社のエディ・ハーン・プロモーターは来週月曜日12日、ロンドンでプレゼンを開催すると通達している。