June
15
Saturday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

20°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > ゲレロ父がメイウェザーを激しく挑発

ゲレロ父がメイウェザーを激しく挑発

2013年5月2日 19時02分

 明後日4日(日本時間5日)に迫ったフロイド・メイウェザー×ロバート・ゲレロ戦の会見が1日、会場のラスベガスMGMグランドで行われた。

 
メイウェザー(左)とゲレロのフェイスオフ

 最初マイクの前に立ったゲレロの父でトレーナーのルーベン・ゲレロがしきりに「子どもたちの前でワイフを殴った不届き者。女性の敵!」とメイウェザーを挑発。メイウェザー自身は無視を決め込んだが、ゲレロ父とメイウェザー陣営が熱くなり、ビッグマッチは早くも不穏なムードが漂った。両選手のコメントは以下の通り。

ロバート・ゲレロ「記録は破られるためにある、という言葉がある。まさに5月4日はフロイド・メイウェザーの無敗レコードが破られる日だ。彼はキャリア初の敗北を喫するだろう。私は準備完了。試合が待ち遠しい! このファイトにエキサイトしている。ハードなトレーニングをこなした。勝利を信じて疑わない」

フロイド・メイウェザー「ロバート・ゲレロはこのレベルで戦えるだけのトレーニングを積んできた。私も限界まで自分を追い込んでいる。父も叔父のロジャーも、チーム・メイウェザーは素晴らしい仕事をしてくれた。みなさんはベストファイター同士の戦いを見ることができるだろう。私は勝利を得て、ファンをエキサイトさせ、そしてベストであり続ける」

Related article
関連記事