日本語

Home > ニュース > ブラッドリー&マルケス会見 WBOウェルター級戦
ニュース

2013年10月9日 水曜日

ブラッドリー&マルケス会見 WBOウェルター級戦

 今週土曜日12日(日本時間13日)ラスベガスのトーマス&マック・センターで予定されるWBO世界ウェルター級タイトルマッチの記者会見が7日(日本時間8日)ロサンゼルスで行われ、王者ティモシー・ブラッドリー(米)、挑戦者でWBO世界S・ライト級王者フアン・マヌエル・マルケス(メキシコ)が抱負を語った。

ティモシー・ブラッドリー

ブラッドリー「私は(マルケスが対戦してきた選手とは)種類が違うボクサー。私は勝ちにいく。負けは考えておらず、それが頭をかすめることもない。マルケスはリングで対峙した時、私が何をするかわからない。私の素早いアジャストは、まるで(フットボールの)クウォーターバックのようだと痛感するだろう」

ファン・マヌエル・マルケス

マルケス「プロボドニコフ(ロシア=前回のブラッドリーの相手)はストロングだ。誰もがそう信じているが、彼は常に前進するだけの選手だ。私はあらゆるものを駆使して戦う。前へも出て行くし、アウトボクシングもカウンターも狙うし、経験もある。ロシア人とはまったく違う。ブラッドリーはパッキアオ、プロボドニコフの過去2戦で経験を身につけたと思う。ベストのブラッドリーを待っている」 

 この日、両者のフェイスオフはなかった。Photos/BoxingScene.com

Related

関連記事