February
28
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

8°C Clouds
Tokyo

Home > Match Information > 藤本京太郎の勝負の一番迫る デュボアと初対面

藤本京太郎の勝負の一番迫る デュボアと初対面

2019年12月19日 16時30分

“ダイナマイト”と初対面――。21日(日本時間22日)にロンドンのカッパーボックス・アリーナで挙行されるWBCシルバー&WBOインターナショナル・ヘビー級タイトルマッチの記者会見が18日、現地のTV局で行われた。藤本京太郎(角海老宝石)は対戦者で英国期待のダニエル・デュボア(英)と初めて顔を合わせた。

デュボアとにらみ合う京太郎

 真紅の角海老ジャージで壇上にあがった京太郎は「このような大きなチャンスを得られてうれしいです。土曜日に勝てばもっと幸せ」と挨拶。身長183センチの京太郎は196センチの巨漢デュボアと数秒間フェイスオフをした。

 一方のデュボアは自信満々。「コーチに任せているので、彼をじっくりとは見ていません。ジムでハードワークを続けてきました。これが圧倒的なフィニッシュといいパフォーマンスにつながるはずです」とコメントした。

 ダイナマイトのニックネームを持つデュボアはデビューから13連勝(12KO)の22歳で、世界ランキングはWBO6位、IBF12位。WBA13位の京太郎(21勝13KO1敗)が英国のスター候補に勝利すれば、かなりのインパクトを与えるだろう。写真提供=角海老宝石ジム

Related article
関連記事
モバイルバージョンを終了