May
20
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

21°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 東農大元主将、華井がプロ転向

東農大元主将、華井がプロ転向

2013年10月16日 16時31分

華井玄樹

 大学ボクシングの名門、東京農業大で2012年度の主将を務めた華井玄樹が岐阜ヨコゼキジムからプロデビューすることになった。12月22日の岐阜ボクシングカーニバル(岐阜商工会議所)で公開B級プロテストを受験する。

 華井は岐阜県岐阜市出身。小学校6年からボクシングを始め、岐阜工高時代はインターハイでL・フライ級2位に入った。東農大進学後は、10年の千葉国体で同級準優勝するなど活躍し、東農大の関東大学リーグ3連覇に貢献した。今年3月に大学を卒業し、先の東京国体ではベスト8に入った。アマ通算戦績は48勝19RSC28敗。

 なお12月20日のメインイベントは東洋太平洋ライト級10位の宇佐美太志(岐阜ヨコゼキ)と村田和也(千里馬神戸)の10回戦が予定されている。

Related article
関連記事