excitematch

excitematch

2020年2月15日土曜日

リナレス 4回KO勝ち「もう一度世界王者になる!」 
ガルシアは80秒フィニッシュで無傷20連勝

 元3階級制覇王者ホルヘ・リナレス(帝拳=ベネズエラ)が14日(日本時間15日)、米アナハイムのホンダ・センターでライト級12回戦を行い、元世界ランカーのカルロス・モラレス(メキシコ)に4回2分9秒KO勝ち飾った。

リナレスは得意の右を炸裂させて快勝

 リナレスは初回、ヘッドバッティングで左目上部から出血するアクシデントに見舞われたが、ジャブを軸としたスマートなスタイルで優位に立ち、3回に右でダウンを奪うと、4回に再び右でモラレスを倒し、試合を終わらせた。

 ライト級でWBA3位、WBO8位、WBC9位につけるリナレスは47勝29KO5敗。キャリア初のKO負けとなったモラレスは19勝8KO5敗4分。

リナレスの話「キズは大したことない、たぶん縫わなくてすむんじゃないかな。頭がぶつかっちゃったね。今日は良い勝ち方が出来て良かったです。日本で良いトレーニング・キャンプを積めたし、良いコンディションをつくることが出来たのが良かった。今日は特に右が良かったね、倒したのも良い右だったよ。右のタイミングをまた思い出せたのが一番良かった。まだまだビッグチャンスもありそうだし、これからもライト級で頑張ってもう一度世界チャンピオンになります!」

ガルシア(左)は今年中に世界王者になるのか?

 また同じリングでは、ライト級のスター候補、ライアン・ガルシア(米)がWBCシルバー・ライト級王座防衛戦でフランシスコ・フォンセカ(ニカラグア)に1回1分20秒KO勝ち。デビューから20連勝(17KO)をマークした。

 米メディアはGBPのサポートを受けるリナレスとガルシアが7月、ロサンゼルス近郊のステープルズ・センターで対戦する計画が進んでいると報じている。Photos/SUMIO YAMADA