February
23
Friday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

3°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > IBF3位の尾川堅一 4.4中谷の世界戦前座に出陣 
世界戦から再起の小西伶弥は森武蔵と競演

IBF3位の尾川堅一 4.4中谷の世界戦前座に出陣 
世界戦から再起の小西伶弥は森武蔵と競演

2020年2月17日 17時26分

■S・フェザー級でIBF3位、WBA4位、WBO7位ランクされる尾川堅一(帝拳=写真)が4月4日、後楽園ホールの「ダイナミックグローブ・スペシャル」に出場する。対戦相手は未定。この日のメインはWBOフライ級王座決定戦で、3位の中谷潤人(M.T)が1位のジーメル・マグラモ(比)と対戦する。

尾川は昨年、IBF挑戦者決定戦が一度は組まれながら、対戦相手の都合で延期、そして中止に。12月にはWBOアジアパシフィック同級王者ジョー・ノイナイ(比)と世界ランカー対決に挑んだが、負傷ドローに終わった。4月の試合は世界挑戦に向けたステップの一戦となるだろう。

■昨年5月、IBF世界L・フライ級王者フェリックス・アルバラード(ニカラグア)に挑戦して敗れた元日本王者の小西伶弥(SUN-RISE=写真)が4月18日、熊本県合志総合体育館で日本同級7位の芝力人(RK蒲田)と同級8回戦。3度目の世界挑戦を目指す小西(17勝7KO2敗)はIBF同級8位にランクされている。近大出身のホープ芝(4勝2KO1敗)はプロ初黒星からの再起戦。

同じリングのメインはWBOアジアパシフィック・フェザー級王者の森武蔵(薬師寺)が日本S・バンタム級10位の河村真吾(ミツキ)と10回戦。デビューから無傷の11連勝(6KO)で2度防衛中の森は昨年4月に続く郷里熊本登場。

Related article
関連記事