2020年4月9日木曜日

矢吹正道は佐藤剛と王座決定戦 日本L・フライ級

 高橋悠斗の電撃引退で空位となった日本L・フライ級の王座は、新たに1位矢吹正道(緑=写真)と2位佐藤剛(角海老宝石)の間で争われることに決まった。試合は7月26日、愛知・刈谷市あいおいホールで予定される。

 このタイトルをめぐっては、当初は高橋に矢吹が挑むカーニバル戦として3月15日に行われるはずだった。しかしコロナウイルス感染拡大に伴う興行の延期により、4月、5月へとスライド。

 この間にモチベーションを維持できなくなった高橋が王座を返上し、引退届を提出した。高橋の返上で、矢吹陣営は別の相手との王座決定戦を行うこととなった。

 佐藤(23歳)は10勝5KO1敗1分のサウスポー。2017年の全日本新人王で、好戦的なファイトをする。昨年12月の最新試合は元日本タイトル挑戦者の多田雅(TI山形)に8回3-0判定勝ちを収めている。


-->