日本語

Home > ニュース > コロナ対策協議会 選手の試合前日“隔離”を決定
ニュース

2020年6月11日 木曜日

コロナ対策協議会 選手の試合前日“隔離”を決定

 日本ボクシングコミッション(JBC)と日本プロボクシング協会は11日、オンライン上で新型コロナウイルス対策連絡協議会を開き、7月に再開予定の興行について、前日計量の終わった出場選手を試合までホテルに隔離する方針を固めた。

 選手の感染防止に関しては、試合3週間前と前日に抗体検査の実施を決定済み。これに加え、前日計量と検診を終えた選手をホテルに隔離することになった。ホテルに入った選手には外出制限、来客制限、送迎を実施する。

 JBCの安河内剛事務局長は「(隔離する選手は)基本的には部屋に入っていただく。食事のときに一定の場所に集まるイメージ(食事は持ち込みOK)。かなり厳しい手順でやっていくことになる」と説明。今のところ隔離は選手だけで、対象をセコンドやレフェリーまで広げるかどうかは今後検討する。

 これまでも話し合われたきたPCR検査の導入は「早期に導入する」とあらためて確認した。連絡協議会では18日の協議会で興行再開にあたってのガイドラインを最終的に固める方針。これに基づいて、計画の出されている興行が開催できるかを判断する。

Related

関連記事