2020年8月2日日曜日

沖縄県内のボクシングジムで初の感染者

 日本ボクシングコミッションは2日、沖縄県内の日本プロボクシング協会加盟ジムで新型コロナウイルス感染者が確認されたと発表した。

 PCR検査で陽性反応が出たのは10代男性の所属会員でプロ選手ではない。症状は微熱程度で現在は自宅で入院待機をしているという。

 ボクシング界では4月に愛知県内のジムで初めて感染者が確認された。先月は大阪府内のジムでクラスターが発生し、これまでに16人の感染者が確認されている。沖縄県内のジムで感染者が確認されるのは初めて。


-->