2020年8月7日金曜日

ロマチェンコは10.3ベルデホと防衛戦か 
ナバレッテvs.マグダレノ 9.19が有力

 アメリカの大手プロモーション、トップランクが今秋主催し、スポーツ専門局ESPNで放送するカードが明らかになった。専門誌「ザ・リング」のホームページで、未発表のものを含めてダン・ラファエル記者がレポートしている。

ライト級3冠王者ロマチェンコ

 それによると、ライト級3団体統一王者のワシル・ロマチェンコ(ウクライナ)は10月3日に登場予定。契約締結寸前だったIBF王者テオフィモ・ロペス(米)との4団体統一戦は、ロペス陣営がファイトマネーに納得しなかった模様で、代わって対戦相手はフェリックス・ベルデホ(プエルトリコ)が有力となっている。

 2度延期になった王者ジャメル・ヘリング(米)と挑戦者ジョナサン・オケンド(プエルトリコ)によるWBO・S・フェザー級タイトルマッチは9月5日に計画されている。

S・ライト級2冠王者テイラー

 WBOが11日に入札を行うとしたWBOフェザー級王座決定戦、エマヌエル・ナバレッテ(メキシコ)vs.ジェシー・マグダレノ(米)は入札回避で交渉がまとまる見通しで、試合は9月19日になる見込み。場合によっては26日になる可能性もあるという。

 9月26日はS・ライト級のWBAスーパー・IBF王者ジョシュ・テイラー(英)が登場。当初は5月にセットされたアピヌン・コーンソーン(ダオヌア・ルアワイキン=タイ)と防衛戦をイギリスで行う。Photos/SUMIO YAMADA


-->