July
22
Monday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

31°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 判定負けのアブドゥサラモフが重体

判定負けのアブドゥサラモフが重体

2013年11月4日 14時55分

 2日夜(日本時間3日)ゴロフキン対スティーブンス戦と同じニューヨークMSGで行われたヘビー級10回戦で、マイク・ペレス(キューバ=アイルランド)に3-0判定負けしたWBC4位マゴメド・アブドゥサラモフ(ロシア)が入院。脳内出血を除去する手術を受けた。

アブドゥサラモフ(ボクシングニュース)
アブドゥサラモフ(右)は試合後に病院へ

 最終回、ペレスのジャブでグラついたアブドゥサラモフはアゴの周辺が腫れ上がり、骨折を印象づけた。自力でリングを降りたが、その後頭痛を訴えて意識を失った。彼の陣営の話では回復に向かっているともいわれるが、依然として絶対安静が続いている。Photo/Ray Bailey

Related article
関連記事