日本語

Home > ニュース > 11.6中谷潤人ついにやる! WBO世界フライ級戦 
マグラモ陣営は検査終えきのう来日
ニュース

2020年10月23日 金曜日

11.6中谷潤人ついにやる! WBO世界フライ級戦 
マグラモ陣営は検査終えきのう来日

 WBOフライ級3位の中谷潤人(M.T=写真)が出場するWBO世界同級王座決定戦が11月6日、後楽園ホールで開催されることが決まった。主催の帝拳プロモーションが23日発表した。

 WBO同級3位にランクされる中谷(22歳=20勝15KO)と同1位ジーメル・マグラモ(フィリピン、26歳=24勝20KO1敗)の王座決定戦は当初、4月4日に後楽園ホールと発表されたがコロナ禍により延期が決定。その後、いったんは8月21日と発表されたもののかなわず、いくつかの候補日をへて11月6日に落ち着いた。

 帝拳プロモーションは外国人選手の招へいに細心の注意を払い、すべての検査と手続きを終え、22日にマグラモが来日したのを待っての発表となった。マグラモは試合までホテルで最終調整を行う。

 試合の模様は日テレジータスで17時45分から、BS日テレで19時から生中継。地上波の日本テレビでは同日深夜27時19分から放送される。なお、チケットの一般販売はない。

 コロナ後の国内世界タイトルマッチは11月3日、大阪で行われる京口紘人(ワタナベ)のWBA・L・フライ級スーパー王座戦に続いて2つ目。海外では日本時間1日に井上尚弥(大橋)がラスベガスでWBAスーパー・IBF王座の防衛戦を行う。


Related

関連記事