日本語

Home > ニュース > テキサスのトリプル戦 全員計量パス
ニュース

2013年11月9日 土曜日

テキサスのトリプル戦 全員計量パス

 明日9日(日本時間10日)米テキサス州コーパスクリスティでトップランクが開催する“トリプルヘッダー”の計量が8日、同市の野球場で行われ、6選手ともリミット内でクリア。試合を待つのみとなった。試合の模様はWOWOWライブで午前11時から生中継される。

ドネア、ダルチニアン(ボクシングニュース)
中央はテキサス在住のジョージ・フォアマン

 2012年のMVPノニト・ドネア(フィリピン)と“レイジングブル”ビック・ダルチニアン(アルメニア=豪州)のフェザー級10回戦はドネアが125.25ポンド(56.81キロ)、ダルチニアンが125.75ポンド(57.04キロ)を計測。

マイキー・ガルシア(ボクシングニュース)
マルティネス(左)とガルシアのフェイスオフ

 メインのWBO世界S・フェザー級戦は王者ローマン“ロッキー”マルティネス(プエルトリコ)が129.75ポンド(58.85キロ)、フェザー級に続き2つのベルト獲得を目指すマイキー・ガルシア(米)は128.75ポンド(58.4キロ)だった。

マルティロスヤン(ボクシングニュース)
激しくやりあうマルティロスヤン(左)とアンドラーデ

 米国オリンピック代表同士によるWBO世界S・ウェルター級王座決定戦はランク1位バネス・マルティロスヤンが153.75ポンド(69.74キロ)、2位デメトゥリアス・アンドラーデが153.25ポンド(69.51キロ)。フェイスオフの直後ステージで激しくやりあい険悪なムードに包まれた。

 明日はこの他にもWBA世界フェザー級正規戦があり、王者ニコラス・ウォーターズ(ジャマイカ)が125ポンド(58.7キロ)、挑戦者アルベルト・ガルサ(メキシコ)が125.5ポンド(58.93キロ)。前座でメキシコの五輪代表オスカル・バルデスなどが出場する。Photos/BoxingScene.com

Related

関連記事