日本語

Home > ニュース > あすヘビー級注目対決 デュボアvs.ジョイス 
世界に王手をかけるのはどっちだ?
ニュース

2020年11月28日 土曜日

あすヘビー級注目対決 デュボアvs.ジョイス 
世界に王手をかけるのはどっちだ?

 現地時間の土曜日28日ロンドンで開催されるヘビー級12回戦ダニエル・デュボアvs.ジョー・ジョイスの(ともに英)の計量が27日行われ、デュボア(15勝14KO無敗)は244.5ポンド(110.90キロ)、ジョイス(11勝10KO無敗)は259ポンド(117.48キロ)を計測した。

デュボア(左)とジョイス。KO決着に期待

 昨年12月、藤本京太郎を2回で倒したデュボア(23)は今年8月にもリカルド・スナイダー(オランダ)に2回TKO勝ち。現在WBOヘビー級2位を占め、これまでのキャリアで最強の相手ジョイスを破って世界挑戦を目指す。今回のウエートはスナイダー戦より半ポンド重く、キャリア最重量となる。

 一方ジョイス(35)も7月の前哨戦でマイケル・ワリシュ(ドイツ)を3回TKOで一蹴。リオデジャネイロ五輪S・ヘビー級銀メダリストでデュボアより12歳年長。WBC、IBF、WBOでランクされ、最高位はWBO10位。弟子入りを希望したイスマエル・サラス・トレーナーが不在なのは痛いが気持ちを入れ替えて臨む。

 この一戦はコロナパンデミックの影響で何度もスケジュールが変わり、ようやく実現に向かった。オッズは3-1から4-1でデュボア有利と出ている。試合はロンドンのチャーチ・ハウスで無観客試合。デュボアが保持する英国&英連邦&WBCシルバー王座、WBOインターナショナル王座と空位の欧州ヘビー級王座の5ベルトが争われる。

 セミ格ではWBO・S・ライト級1位ジャック・カテラル(英)がアブデラザク・ホウヤ(チュニジア)と10回戦を行う。王者ホセ・ラミレス(米)の指名挑戦者カテラルは143.25ポンド(64.98キロ)、ホウヤは141.75キロ(64.38キロ)を計測した。Photo by Queensberry Promotions

Related

関連記事