日本語

Home > ニュース > ビッグネーム ゴロフキンとカネロが相次ぎ登場 
ドネアvs.ロドリゲスも 12月海外チェックPart2
ニュース

2020年11月30日 月曜日

ビッグネーム ゴロフキンとカネロが相次ぎ登場 
ドネアvs.ロドリゲスも 12月海外チェックPart2

 12月中盤にはビッグネームが相次いで登場する。18日(日本時間19日)登場のIBFミドル級チャンピオン、ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)と19日(同20日)に試合をするスーパースター、サウル“カネロ”アルバレス(メキシコ)だ。WBAミドル級王者の村田諒太(帝拳)がターゲットにする2人でもある。

ついにリングに戻ってくるカネロ

 ゴロフキン(40勝35KO1敗1分)は18日(日本時間19日)、カミル・シェルメタ(ポーランド)とIBF王座の指名防衛戦を行う。過去1敗1分の宿敵、カネロとの第3戦はいまだ実現しないが、元ミドル級3冠王者は鉄のハートでチャンスを待っている。

 昨年10月、IBF王座を取り戻したセルゲイ・デレフヤンチェンコ(ロシア)戦はパッとしない試合だった。かつての帝王も38歳となり、衰えを指摘する声も出始めるころ。今回は無敗とはいえ無名のシェルメタ(21勝5KO)を相手に健在ぶりをアピールしたいところだ。

ゴロフキンは健在ぶりをアピールできるか

 パウンド・フォー・パウンド(PFP)キングのカネロは先日、確執が続いていたゴールデンボーイプソモーションズとの契約をついに打ち切った。フリーになっての第1戦で選んだのはWBA・S・ミドル級スーパー王者のカラム・スミス(英)だ。

 カネロ(53勝36KO1敗2分)はS・ウェルター級からクラスを上げ、昨年10月にL・ヘビー級王者セルゲイ・コバレフ(ロシア)に勝利して重量級でも戦えることを示した。それでも190センチの無敗王者スミス(27勝19KO)は決して楽な相手ではない。カネロがスミスを相手にどんなテクニカルな試合を見せてくれるのか、そして勝利の先にはどんなプランを描くのか、大いに注目される。

 同じ日のWBCバンタム級王座決定戦、ノニト・ドネア(フィリピン)vs.エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)は日本のファンにとって思い入れの深い試合だ。ともにバンタム級2冠王者で4団体制覇を狙う井上尚弥(大橋)と拳を交えたボクサーであることは周知の事実だろう。

再び世界王座を狙うドネア

 かつての“フィリピーノ・フラッシュ”元5階級制覇のドネア(40勝26KO6敗)は38歳で衰えが指摘されながらも、昨年11月に井上とフルラウンドの激闘を演じていまだトップ選手であることをアピールした。ロドリゲス(19勝12KO1敗)は昨年5月、井上に2回TKOで敗れたものの、依然として高い評価を得ている選手だ。

 この試合の勝者は新型コロナウイルス感染で戦線離脱した王者ノルディーヌ・ウバーリ(フランス)との対戦を義務づけられている。いずれ井上と戦いことになるであろう3人だけに、ドネアとロドリゲスの試合は大いに興味をそそられるところだ。

 表をご覧になれば分かるように12月の海外注目試合はDAZNによる中継が多い(1月のガルシアvs.キャンベルもDAZNだ)。ボクシングに力を入れるのか、入れないのか、なんだかはっきりしない日本のDAZNだったが、これからは力を入れていくということか?

■12月4日 ロンドンSSEアリーナ
WBO・S・ミドル級タイトルマッチ
王者ビリー・ジョー・サンダースvs.挑戦者マーティン・マーレイ
※DAZNで5日午前3時から生中継(日本国内=以下同じ)

■12月5日 米アーリントン・AT&Tスタジアム
WBC・IBFウェルター級タイトルマッチ
王者エロール・スペンスJr vs.挑戦者ダニー・ガルシア
※WOWOWオンデマンドで6日午前11時ごろから生中継

■12月12日 ロンドン・O2アリーナ
WBAスーパー・IBF・WBOヘビー級タイトルマッチ
王者アンソニー・ジョシュアvs.挑戦者クブラット・プレフ

WBOクルーザー級王座決定戦
ローレンス・オコリーvs.クリストフ・グロワスキ
※DAZNで13日午前3時から生中継

■12月12日 米ラスベガス・MGMグランド
ライト級10回戦
フェリックス・ベルデホvs.中谷正義

S・フェザー級10回戦
シャクール・スティーブンソンvs.トカ・クラリー
※WOWOWオンデマンドで13日昼12時ごろから生中継

■12月16日 ドミニカ共和国
WBOミニマム級タイトルマッチ
王者ウィルフレド・メンデスvs.挑戦者アレクシス・ディアス

■12月18日 米ハリウッド・セミノールハードロック&カジノ
IBFミドル級タイトルマッチ
王者ゲンナジー・ゴロフキンvs.挑戦者カミル・シェルメタ
※DAZNで10日午前8時から生中継

■12月19日 米サンアントニオ アラモドーム
WBA・S・ミドル級タイトルマッチ
スーパー王者カラム・スミスvs.王者サウル“カネロ”アルバレス

WBCフライ級タイトルマッチ
フリオ・セサール・マルティネスvs.フランシスコ・ロドリゲスJr
※DAZNで20日午前10時から生中継

■12月19日 米アンキャスビル モヒガンサン・アリーナ
WBCバンタム級王座決定戦
ノニト・ドネアvs.エマヌエル・ロドリゲス
※WOWOWオンデマンドで20日11時ごろから生中継

■1月2日 米インディオ ファンタジースプリングス&カジノ
WBCライト級暫定王座決定戦
ライアン・ガルシアvs.ルーク・キャンベル
※DAZNで3日午前9時から生中継

Related

関連記事