May
21
Tuesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

19°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 女子2試合でダウン8回! 山口が豪快KOでV2 川西はOPBF王者に

女子2試合でダウン8回! 山口が豪快KOでV2 川西はOPBF王者に

2013年4月10日 20時49分

 
KOを狙って攻める山口(右)

 WBA女子S・フライ級タイトルマッチが10日、後楽園ホールで行われ、チャンピオンの山口直子(白井・具志堅)は挑戦者ロレダナ・ピアッツァ(イタリア)を7回10秒TKOで下し、2度目の防衛に成功した。

 山口はベストバウトとも思える会心の内容。ピアッツァはジャブを中心に左フックや右ストレートで王者を脅かしたが、試合を決めたのは山口の強打だった。

 チャンピオンはよく足が動き、パンチがスムーズに出た。3回には早くも右ストレートで最初のダウンをゲット。4回にもジャブに右をかぶせ、さらに追撃して2度のダウンを奪った。イタリア人はここから粘ったが、フィニッシュは7回。山口の右ストレートが決まるとピアッツァがダウン。青コーナーからタオルが投げ込まれた。山口は14勝12KO2敗。ピアッツァは9勝(4KO)2敗。

 
川西(左)はつのだを4度倒してタイトル奪取

 セミファイナルの女子東洋太平洋S・フライ級タイトルマッチは挑戦者で3位の川西友子(大阪帝拳)が王者つのだのりこ(白井・具志堅)に4回40秒TKO勝ち。新チャンピオンに輝いた。昨年42歳で王者となったつのだは初防衛に失敗した。

 元バスケットボール選手で身長171cmの川西は運動能能力が抜群。初回から右ストレート、左フック、右アッパーとあらゆるパンチをバシバシと叩き込み、計4度のダウン奪う圧勝劇だった。

Related article
関連記事