日本語

Home > ニュース > WBCフライ級王者マルティネス 2.27カネロ前座で防衛戦
ニュース

2021年1月26日 火曜日

WBCフライ級王者マルティネス 2.27カネロ前座で防衛戦

 WBCフライ級王者のフリオ・セサール・マルティネス(メキシコ=写真)が2月27日、米フロリダ州マイアミのハードロック・スタジアムで行われるサウル“カネロ”アルバレス(メキシコ)の防衛戦の前座に出場。マックウイリアムズ・アローヨ(プエルトリコ)と3度目の防衛戦を行う。試合を中継するDAZNが15日明らかにした。

 カネロと同じエディ・レイノソ・トレーナーの門下生でもあるマルティネス(25=17勝13KO1敗)は昨年10月、同胞のモイセス・カジェロスに2回TKO勝ちして2度目の防衛に成功。昨年計画されながら実現しなかったアローヨとの指名防衛戦に挑む。

 35歳のベテラン、18年9月には井岡一翔(Ambition)とも対戦して判定負けしているアローヨ(20勝15KO4敗)は15年4月、WBCフライ級王者だったローマン・ゴンサレス(帝拳=ニカラグア)に挑戦して以来、およそ5年8ヶ月ぶりの世界タイトル挑戦となる。

 イベントはメインでWBAスーパー・WBC・S・ミドル級王者のカネロがWBC指名挑戦者のアブニ・イルディリム(トルコ)と2本のベルトをかけて防衛戦を行う。Photo / SUMIO YAMADA

Related

関連記事