日本語

Home > ニュース > 日本バンタム級王者 鈴木悠介が引退
ニュース

2021年1月26日 火曜日

日本バンタム級王者 鈴木悠介が引退

 日本バンタム級チャンピオンの鈴木悠介(32=三迫)が引退した。日本ボクシングコミッションの引退選手に公示された。目のけがが理由という。1月25日付け。

2019年7月、鈴木(右)は齊藤との激戦を制して王者になった

 サウスポーの鈴木はアマチュアで54勝(25KO・RSC)24敗の戦績を残し、明治大卒業後に八王子中屋ジムからプロデビュー。三迫ジムに移籍して19年7月、齊藤裕太(花形)との激闘を判定で制して日本チャンピオンに輝いた。

 昨年4月、初防衛戦で指名挑戦者の澤田京介(JBS)と対戦する予定だったが、新型コロナウイルスの影響により延期に。結局、初防衛戦のリングに上がることなくリングを去ることになった。戦績は11勝7KO3敗。

Related

関連記事