日本語

Home > ニュース > 東日本協会が外部評議員制度を導入 
「LEGEND」出場の大橋ジムが500万円寄付
ニュース

2021年2月26日 金曜日

東日本協会が外部評議員制度を導入 
「LEGEND」出場の大橋ジムが500万円寄付

 東日本ボクシング協会は26日、各ジムの会長が参加する定例の総会を開き、4月から外部評議員会を設置することなどを決めた。また、東日本協会が協力という形で携わったボクシングイベント「LEGEND」について、執行部が説明不足を謝罪した。

 評議員は5人で、理事の人事や経理などを評議する。これまで協会は内部の人間だけで運営されてきたが、外部の目を入れることで公平性や透明性を高めることを狙いとしている。

 「LEGEND」は2月11日に代々木第一体育館で開催され、現役世界王者やトップ選手、さらにはOB、アマの五輪代表選手らが参加。ファンにスパーリングを披露するチャリティーイベントとして開催された。

 しかし、“協力”にいたるまでの説明が足りないことや、協会主催のチャンピオンカーニバルと日程が重なったことで、協会員から不満の声が上がっていた。執行部が参加者に対して説明不足を謝罪し、今後も話し合いを持つ意思を示した。

 また、「LEGEND」に3選手+元世界王者の八重樫東トレーナーが参加した大橋ジムから協会に対して500万円の寄付があったことも明かされた。他の出場選手とジムからも寄付が集まっており、協会は寄付の総額や送り先が決まり次第、発表するとした。

Related

関連記事