日本語

Home > ニュース > 元アベジム会長の阿部徹さん死去 長く協会の理事務める
ニュース

2021年2月26日 金曜日

元アベジム会長の阿部徹さん死去 長く協会の理事務める

 元アベボクシングジム会長の阿部徹さんが25日未明、脊髄硬膜外膿瘍により亡くなった。62歳だった。東日本ボクシング協会によると、故人の遺志により葬儀、告別式は行わない。

 阿部さんは東洋バンタム級王者の金沢和良、日本2階級制覇の高橋直人らを育てた父の阿部幸四郎氏の死去に伴い、1992年にアベジムの2代目会長に就任した。選手の育成に力を注ぎながら、協会の仕事にも尽力。理事を長く努めてチャンピオンカーニバル運営委員長に就くなど、近年は裏方の重鎮的な存在として活躍した。

 昨年春に理事を退き、ジムも休会。ほどなく闘病生活に入っていた。阿部さんは既に協会員ではなかったが、26日に開かれた東日本協会の総会で報告された。

Related

関連記事