日本語

Home > ニュース > ゴロフキンvs.村田諒太 ハーン氏「12月に対戦の可能性がある」
ニュース

2021年3月2日 火曜日

ゴロフキンvs.村田諒太 ハーン氏「12月に対戦の可能性がある」

 マッチルームボクシングのプロモーター、エディ・ハーン氏が傘下のIBFミドル級王者ゲンナジー・ゴロフキン(カザフスタン)の今後について、年内にWBAスーパー王者の村田諒太(帝拳=写真)と対戦の可能性があるとの見通しを示した。ESPNデポルテスに語ったもの。

 ゴロフキンは宿敵サウル“カネロ”アルバレス(メキシコ)との第3戦を希望していたが、カネロがS・ミドル級4団体統一に突っ走ったためこれは当面お預けに。ハーン氏はゴロフキンの次期防衛戦に元WBO・S・ウェルター級王者で2階級制覇を目指すハイメ・ムンギア(メキシコ)の名前を挙げていた。

 ハーン氏は「ゴロフキンとムンギアの対戦が素晴らしいファイトになる。ゴロフキンと年末の12月に村田と対戦する可能性があるので、ムンギア戦は非常に重要な試合になる」とコメントした。

 村田はかねてゴロフキンを標的にしており、陣営にオファーを送っている。もし実現すればミドル級の2団体統一戦というビッグマッチとなる。

Related

関連記事