April
21
Sunday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

16°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > ウォード“ザ・リターン” 16日にロドリゲス戦

ウォード“ザ・リターン” 16日にロドリゲス戦

2013年11月15日 15時52分

“ザ・リターン”のキャッチフレーズが付いたアンドレ“SOG”ウォード(米)のカムバック戦の記者会見が14日(日本時間15日)、試合会場の米カリフォルニア州オンタリオのシチズンズ・バンク・アリーナで開催された。

アンドレ・ウォード(ボクシングニュース)
久々登場のウォード(左)とロドリゲス

 14ヵ月ぶりのリングとなるウォードはWBA世界S・ミドル級“スーパー”王座の防衛戦。挑戦者はWBA3位エドウィン“ラ・ボンバ”ロドリゲス(ドミニカ共和国=米)でWBC1位、IBF3位、WBO6位といずれの団体でも上位を占めている。16日の試合を控えた両者のコメントは以下のとおり。

ウォード「私はこのスポーツにとてもシリアスに取り組んでいる。土曜日、彼(ロドリゲス)も全力でぶつかって来るだろう。皆、彼は挑戦者としてどれくらいハングリーか噂している。でも彼が対戦するのはハングリーなチャンピオンだ。カムバックにあたりエキサイトしている。私は今までで最高にシャープに仕上がっている」

ロドリゲス「私はアンドレ・ウォードをリスペクトしている。グッドボクサーだと認識している。彼はスーパーシックス・トーナメントで優勝し、このスポーツで実績を築いた。でも私は同時に彼を尊敬していない。パンチを顔面に叩き込む準備はできている。11月16日、私はただそれを実行するだけだ」Photo/GOOSSEN TUTOR PROMOTIONS

Related article
関連記事