日本語

Home > ニュース > 元6階級制覇王者デラホーヤ氏 現役カムバック?
ニュース

2021年3月27日 土曜日

元6階級制覇王者デラホーヤ氏 現役カムバック?

 ウソか真か――。元6階級制覇“ゴールデンボーイ”ことオスカー・デラホーヤ氏(米=写真)が26日、「7月3日にカムバックする」と語り話題となっている。ボクシングシーン・ドットコムなど複数のメディアが伝えた。

 それによるとデラホーヤ氏が会長を務めるゴールデンボーイ・プロモーションズ(GBP)の試合を中継するストリーミング配信DAZNではなく、昨年11月にマイク・タイソンとロイ・ジョーンズのエキシビションマッチをプロデュースしたネット企業のトリラーの「ファイト・クラブ」シリーズの一環になるという。イベントはPPV中継を予定している。

 トリラーはライト級4冠統一王者テオフィモ・ロペス戦(米)vs.挑戦者ジョージ・カンボソス(豪州)の入札でトップランクやマッチルーム・ボクシングといった有力プロモーターを抑えて興行権を獲得。4月にはユーチューバーボクサーと格闘技家のボクシング試合を開催する。今回のデラホーヤ氏の発言は、その4月のイベントの記者会見で飛び出した。

 相手は未定で現時点でGBPからニュースは発信されていない。とはいえ以前からデラホーヤ氏(48)にはカムバック説が流れ、本人も「エキジビションではなく本式の試合をしたい」と語っている。相手にも元ウェルター級王者のマルコス・マイダナ(アルゼンチン)らの名前が挙がっていた。

 2008年のマニー・パッキャオ戦を最後に引退したデラホーヤ氏はアメリカ合衆国のボクサーライセンスを2月に更新(発行はカリフォルニア州)したと報道される。もしリングに上がれば国際ボクシング名誉のボクシング殿堂入りした選手では初のカムバックとなる。

Related

関連記事