日本語

Home > ニュース > 寺地拳四朗 コシノジュンコ制作のガウンでV8戦
ニュース

2021年4月16日 金曜日

寺地拳四朗 コシノジュンコ制作のガウンでV8戦

 WBC世界L・フライ級チャンピオンの寺地拳四朗(BMB)が4月24日、エディオンアリーナで開催される久田哲也(ハラダ)との8度目の防衛戦に向けて新ガウンを発表。世界的デザイナーのコシノジュンコ氏がガウンを制作した。

 コシノ氏はプレスリリースで「白で統一されたロングガウンは、拳四朗さんの爽やかなイメージと強さや大きな存在感を演出し、今までに見たことのないデザインで注目を集めてもらえたらと思い、このデザインにしました」とデザインのコンセプトを説明。

 さらに「エナメル加工されたネオプレーン(ダイビングスーツの素材)生地に白いメタルスタッズを打つことで、拳四郎さんの名前の由来である”北斗の拳”のケンシロウにオマージュしたディテールになっています」とデザインに込めた思いを明かした。

 拳四朗は「今回、世界的に有名なコシノ先生にガウンをデザインしていただきほんとうれしいです。ガウンを着て入場するのが今から楽しみです。僕が4月24日に試合ができるのは、たくさんの人達のサポートで成り立っているので必ず勝って恩返ししたいと思います」とのコメントを発表した。

Related

関連記事