September
24
Sunday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

22°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > S・ミドル級3団体統一戦あと3日 サンダース不敵 番狂わせカネロ攻略に自信

S・ミドル級3団体統一戦あと3日 サンダース不敵 番狂わせカネロ攻略に自信

2021年5月6日 11時23分

 8日(日本時間9日)米テキサス州アーリントンのAT&Tスタジアムで行われるS・ミドル級3団体統一戦まであと3日に迫り、5日は両選手がフェイスオフを行った。WBO王者のビリー・ジョー・サンダース(英)がメディアにWBAスーパー&WBC王者サウル“カネロ”アルバレス(メキシコ)攻略について語った。

フェイスオフで言葉を交わすカネロ(左)とサンダース

 リング誌電子版によると、サンダースは「この戦いは頭脳がすべてを支配する。パワーでも筋肉でも技術でもない。頭脳と戦略であり、いかにゲームプランを実行できるかにっかっている」とコメント。技巧派サウスポーらしく頭脳戦でカネロにトラブルをもたらす考えだ。

 すでにリングの大きさやジャッジ構成にクレームをつけるなど“頭脳派”らしいところを発揮しているサンダースだが、下馬評は4団体統一を狙うスーパースター、カネロの有利に大きく傾いている。イギリスのブックメーカー、ウィリアムヒルの出したオッズはカネロ(30=55勝37KO1敗2分)の勝利が1.16倍、サンダース(31=30勝14KO)の勝利が5倍だからけっこうな差だ。

 それでもカネロに2013年9月のフロイド・メイウェザー戦以来、8年ぶりの土をつけようと燃える無敗の2階級制覇王者は「アンダードッグがたまに勝利することはボクシングにとってもいいことだ」と不気味にコメントしている。

 なお、ボクシングシーンによると、前日計量は公開で5000人のファンを集める予定。6万人超の観衆が見込まれるイベントの模様はDAZNで生中継される。Photo by Ed Mulholland / Matchroom

Related article
関連記事