日本語

Home > ニュース > S・ミドル級3団体統一戦 カネロvs.サンダース 7万人観衆で屋内興行記録更新

WOWOWエキサイトマッチ

ニュース

2021年5月7日 金曜日

S・ミドル級3団体統一戦 カネロvs.サンダース 7万人観衆で屋内興行記録更新

 マッチルームボクシングのプロモーター、エディ・ハーン氏は6日、8日(日本時間9日)に米テキサス州アーリントンのAT&Tスタジアムで開催するイベントの観衆が7万人に届き、アメリカの屋内ボクシング興行における観客数の最多記録を更新する見込みだと明かした。

6日記者会見したカネロ(左)とサンダース

 8日のメインはS・ミドル級のWBAスーパー&WBC王者サウル“カネロ”アルバレス(メキシコ)とWBO同級王者ビリー・ジョー・サンダース(英)による3団体統一戦。これまでの米国ボクシングにおける屋内イベントの集客記録は1978年9月、フロリダ州ニューオーリンズのスーパードームで行われたヘビー級タイトルマッチ、モハメド・アリとレオン・スピンクスの再戦(アリがスピンクスに雪辱)で6万3352人だった。

 入場数の正確な数はイベント後に明かされるため、7万人が確定したわけではないが、チケット販売数から記録更新はほぼ確実なのだという。

 ハーン氏は6日の記者会見で「今朝、私たちはアメリカのボクシング屋内興行における最大観客数、アリとスピンクスの再戦の記録を打ち破った。AT&Tスタジアムには7万人が集まる。ボクシングにとってグレートなイベントであり、コロナパンデミック以来、アメリカのスポーツイベントで最大の観衆となる」と上機嫌にコメントした。

 カネロは前回2月、マイアミのハードロック・スタジアムのアブニ・イルディリム戦で約1万5000人、その前の昨年12月、サンアントニオのアラモ・ドームには約1万1000人の観衆を集めたが、いずれも新型コロナウイルスの影響により観客数が制限されたものだった。今回のイベントは制限が外された。Photo by Ed Mulholland / Matchroom

 ちなみに観客動員数の屋外記録は、1941年8月、米ウィスコンシン州ミルウォーキーのジュノー・パークで開催されたトニー・ゼールとビリー・プライヤーの試合で13万5000人という記録が残っている。→https://boxingnews.jp/news/76507/

Related

関連記事