日本語

Home > ニュース > 井上尚弥が圧巻の3回TKO勝ち バンタム級4団体制覇に前進
ニュース

2021年6月20日 日曜日

井上尚弥が圧巻の3回TKO勝ち バンタム級4団体制覇に前進

 WBAスーパー&IBF世界バンタム級タイトルマッチが19日(日本時間20日)、米ラスベガスのヴァージンホテルズ・ラスベガスで行われ、チャンピオンの井上尚弥(大橋)がIBF指名挑戦者のマイケル・ダスマリナス(フィリピン)に3回2分45秒TKO勝ち。バンタム級王座5度目の防衛に成功した。

ダスマリナスをボディ打ちで追い込む井上

 井上はスタートから完璧だった。ダスマリナスは脚を使って距離を取り、ロングレンジから左をボディに打ち込んでいくが、井上の圧力に早くも下がりがちだ。井上は挑戦者のジャブの打ち終わりに左フックを合わせると、これでひるんだダスマリナスにさらにプレッシャーをかけていった。

 2回、圧力をかけ続ける井上が右アッパーから左フックをボディに振り抜くと、顔をしかめたダスマリナスは追撃を受けてダウン。世界初挑戦のフィリピン人はここをなんとかしのいただが、もう逃げ回るだけでフィニッシュは時間の問題と思われた。

3度倒して勝利

 3回、セコンドの井上真吾トレーナーから「ボディ!」の声が聞こえたのか、井上が右アッパーから左ボディを打ち込むと、ダスマリナスが悶絶するかのようにダウン。ここを何とか立ち上がったのはダスマリナスの意地だろう。挑戦者は懸命に手を出し、サバイバルを狙ったが、井上から三度左ボディを食らうとキャンバスに崩れ落ち、レフェリーがノーカウントで試合を止めた。井上は21勝17KO。ダスマリナスは30勝20KO3敗1分。

4団体制覇に前進した

■井上の話(WOWOW中継より)
ボディでも顔でも、どちらでも倒せる準備はしてきたのでボディで倒せるのを今夜出せて良かった。1ラウンド相手の実力、出方を見て、相手の出方次第ですけど早い回ではいけるのかなと確信は持てました。ドネアとカシメロの勝者と試合がしたい? もちろんです。江笑顔が出ているけど? 勝ったことのうれしさありますし、このあとドネア、カシメロの勝者と戦えることのうれしさが何よりですね。どちらのほうがいいですか? よりドラマティックなのはドネア2。

素晴らしい結果だった? これくらいの試合をしないとのちのドネアとカシメロ、2人が見に来ているのでアピールできないなと。イメージ通りのフィニッシュ? 思ったより出てこなかったという印象を持ったので、割と自分のやりやすいペースで進んだのかなと思いました。

1ラウンド目のファーストコンタクト、ジャブに左フックを合わせたときに勝てると思った? あの瞬間には読めたかなと。相手が腰が引けた? 最初の一発を合わせた段階で、相手の弱気な姿勢も見えたので、ああこんなもんかという感じはありましたね。一発目のパンチでダスマリナスはビビったけどどう倒そうと思った? 脚も使い始めましたし、上は的が絞りにくいという印象があったので、その段階でボディに切り替えましたね。

今回の試合は4団体統一に向けてという位置づけで挑んだ試合なので、勝ったことのうれしさはありませうけど、手を挙げて喜んでいられるステージではない。ドネア、カシメロの勝者と戦う方向で精進していきたい。Photos by SUMIO YAMADA

Related

関連記事