日本語

Home > ニュース > バンタム級ウォーズ急展開 ドネアとカシメロで2団体統一戦 最終的に井上尚弥との4団体統一戦へ
ニュース

2021年6月20日 日曜日

バンタム級ウォーズ急展開 ドネアとカシメロで2団体統一戦 最終的に井上尚弥との4団体統一戦へ

 WBAスーパー&IBF世界バンタム級王者の井上尚弥(大橋)が日本時間20日、米ラスベガスでIBF指名挑戦者のマイケル・ダスマリナス(フィリピン)に3回TKO勝ち。試合後にWBC王者ノニト・ドネア(フィリピン)とWBO王者ジョンリール・カシメロ(フィリピン)が試合後にWOWOW中継にゲスト出演し、8月14日に両選手がWBCとWBO王座をかけて統一戦を行うことを明らかにした。

左からカシメロ、井上、ドネア

 カシメロは8月14日、アメリカでWBA正規王者ギジェルモ・リゴンドウ(キューバ)と防衛戦を行うことが発表されているが、ボクシングシーンはリゴンドウが退き、代わりにカシメロとドネアが統一戦を行うと報じた。正式発表はないものの、両選手の話はこれを裏付ける形だ。さらにこの試合の勝者と井上が最終的に4団体統一をかけて対戦するレールが敷かれているという。

 井上は試合後のインタビューで、「このあとドネア、カシメロの勝者と戦えることのうれしさが何よりですね」と発言。「どちらのほうがいいですか?」との質問には、よりドラマティックなのはドネア2」と答えた。

 リングサイドで井上の試合を観戦したドネアも興奮気味。WOWOWのインタビューに応じて「今日の彼はとても印象に残った。パワーが健在で私とやったときよりよりも強かった」とまずは井上のパフォーマンスを大絶賛。8月14日にカシメロと戦うと明言した上で、「井上ともう一度戦いたい。ボクシングはチャレンジの連続だ。ワクワクしているよ」と声を弾ませた。

 一方のカシメロは「彼は相手にチャンスを与えないすごい試合をした」とまずは井上を称えながらも、あなたが井上を戦ったら?と問われると「楽勝だ」と得意のビッグマウスを炸裂させた。さらに「まずはドネアをやっつけて井上に勝つ。去年から待っているんだ。早くやりたいね」と昨年4月に一度は決まった井上との統一戦を熱望した。

 ボクシングシーンによると、ドネアとカシメロの勝者がリゴンドウと対戦するプランになっている模様。この試合の勝者が最終的に井上と対戦するとなれば、井上はトーナメントのスーパーシードというところか。

Related

関連記事