日本語

Home > ニュース > 井上尚弥が帰国 機内で祝福アナウンス バンタム級4団体統一に気持ち新た
ニュース

2021年6月22日 火曜日

井上尚弥が帰国 機内で祝福アナウンス バンタム級4団体統一に気持ち新た

 WBAスーパー&IBF世界バンタム級チャンピオンの井上尚弥(大橋)が22日、遠征先の米ラスベガスから帰国した。井上は19日(日本時間20日)、ヴァージンホテルズ・ラスベガスでIBF指名挑戦者のマイケル・ダスマリナス(フィリピン)に3回KO勝ちした。

 大橋会長によると、JALの機内では、「日本が誇る井上尚弥選手一行がご搭乗しております。見事KO勝ちしました。おめでとうございます」というアナウンスのサービスがあったという。また、カットマンとしてリングサイドに入った佐久間四朗トレーナーに初孫娘が誕生したとのうれしいニュースも。井上が発表したコメントは以下の通り。

井上尚弥の帰国コメント「ラスベガス2戦目を終え、無事日本に帰国することが出来ました。日本からテレビで観戦してくださったファンの皆様の応援が力になり、自分でも納得する内容で勝利することができました。本当にありがとうございました。

帰国の飛行機ではあまり寝れませんでしたが、快適な時間を過ごすことはできました。今後、2週間の隔離期間中は体を休め、期間があけたら、体を動かしていく予定です。

近い目標は、バンタム級4団体統一です。今後はドネア、カシメロに標準を合わせ、誰が相手でも井上尚弥のボクシングをみせることができるように、精進していきたいと思います」 写真=大橋ジム提供

Related

関連記事