日本語

Home > ニュース > 10.19平岡アンディと佐々木尽が日本S・ライト級決定戦 中嶋一輝vs.栗原慶太とダブル
ニュース

2021年7月18日 日曜日

10.19平岡アンディと佐々木尽が日本S・ライト級決定戦 中嶋一輝vs.栗原慶太とダブル

 大橋ジムは18日、10月19日の後楽園ホール「フェニックスバトル81」のダブルメインイベントを発表。平岡アンディ(大橋)と佐々木尽(八王子中屋)による日本S・ライト級王座決定戦、OPBFバンタム級王者の中嶋一輝(大橋)が元王者、栗原慶太(一力)を迎える初防衛戦は発表した。

17日のイベントで決戦の機運を盛り上げた平岡(右)と佐々木

 IBF・S・ライト級8位にランクされる平岡はデビューから無傷の16勝12KO。アメリカのトップランクと契約して既にラスベガスで2試合行っているが、あえて日本タイトルの獲得にこだわった。日本ユース王者の佐々木(11勝10KO)は17日、湯場海樹(ワタナベ)とのホープ対決で2度のダウンを喫しながら逆転KO勝ち。格上となる平岡に“挑戦”する権利を得た。

 大橋ジム期待の強打のサウスポー中嶋(10勝8KO1分)は5月、千葉開(横浜光)との王座決定戦を制してOPBF王座を獲得。初防衛戦でこちらも強打が自慢の元王者、栗原(15勝13KO6敗)を迎えることになった。栗原は今年1月、2度目の防衛戦で中嶋の同門である井上拓真に王座を奪われており、王座獲得とともに大橋ジムへのリベンジを目指すことになった。イベントの模様はひかりTVとdTVチャンネルで生中継される。

Related

関連記事