日本語

Home > ニュース > チャーロ弟vs.カスターニョは熱戦ドロー S・ウェルター級4団体統一ならず
ニュース

2021年7月18日 日曜日

チャーロ弟vs.カスターニョは熱戦ドロー S・ウェルター級4団体統一ならず

 米国テキサス州サンアントニオのAT&Tセンターで17日(日本時間18日)ゴングが鳴ったS・ウェルター級4団体統一戦は、WBAスーパー&WBC&IBF統一王者ジャーメル・チャーロ(米)とWBO王者ブライアン・カスターニョ(アルゼンチン)は12回ドローに終わり、両者とも防衛となった。

残念そうな表情は有利と言われたチャーロ(右)だった

 試合は両者が持ち味を発揮した好ファイトだった。2回、連打で攻め込んだカスターニョにチャーロの左フックが急襲。逆にカスターニョをめった打ちにする。しかし3回終了間際、ロープを背にしたチャーロにカスターニョの左フックが命中。チャーロの上体が傾きスタンドが沸く。

 チャーロは左ジャブを駆使し距離を置いた戦法を選択。機能するように見えたがカスターニョは徐々に距離を詰めてボディー攻撃で押し込む。チャーロはロープを背負うシーンが多く、中盤は手数も多いアルゼンチン人が優勢に進める。

 10回、奮起したチャーロがまたも左フックでチャンスをつかみ、効いた様子を見せたカスターニョにバックステップを踏ませる。カスターニョはサイドに動いて対処するが、追撃のチャーロの右がWBO王者に決まる。

 11回、再びカスターニョを後退させたチャーロだが、カスターニョはラウンド終了にこぎ着け、最終回は拮抗。アナウンスされたスコアカードは114-113(カスターニョ)、117-111(チャーロ)、114-114と三者三様の引き分け。メジャー4団体の時代になって初めてとなるS・ウェルター級の比類なきチャンピオンは誕生しなかった。

ロメロ(左)は体重超過のイギットを計3度倒して勝利

 セミのWBAライト級暫定王座タイトルマッチは、ローランド・ロメロ(米)が前日の計量で体重オーバーしたアンソニー・イギット(スウェーデン)を6回に一度、7回に2度倒して7回1分54秒TKO勝ちで防衛。またアミルカル・ビダル(ウルグアイ=WBAミドル級14位)が元ランカー、イマヌウェル・アリーム(米)に10回2-0判定勝ち。スコアは97-93×2、95-95でビダル。Photos from Amanda Wescott / Showtime

Related

関連記事