日本語

Home > ニュース > WBAがチャンピオン減少策の“本気度”再アピール「暫定は一切認めない」
ニュース

2021年10月4日 月曜日

WBAがチャンピオン減少策の“本気度”再アピール「暫定は一切認めない」

 WBAは公式ホームページ上でプレスリリースを発表。8月に急きょ示したチャンピオンを減らす方針をあらためて明確にし、「今後、仮に暫定タイトルマッチが行われた場合、それは私たちの選手権委員会が認めたものではない」との声明を出した。

 チャンピオン乱造が長らく批判されてきたWBAは8月に暫定やゴールド王者の廃止を発表。これに伴い正規王者と暫定王者の試合をオーダーし、ゴールド王者にはランキング2位を与えた。この結果、17階級中9人いた暫定王者と12人いたゴールド王者は、9月1日発表のランキングですべて姿を消した。

 WBAの今回の発表は、こうした方針を示しても「また増えるのではないか」という疑問の声を封じる狙いがあるとみられる。

Related

関連記事