日本語

Home > ニュース > リバスが初代WBCブリッジャー級王者 粘るロジッキーを振り切る
ニュース

2021年10月23日 土曜日

リバスが初代WBCブリッジャー級王者 粘るロジッキーを振り切る

 カナダ・モントリオールのオリンピアン・シアターで行われたWBCブリッジャー級王座決定戦は1位オスカル・リバス(コロンビア=カナダ)がライアン・ロジッキー(カナダ)に3-0判定勝ち。WBCが新設した階級の初代チャンピオンに就いた。

 ヘビー級でも実績が豊富なリバスが初回終了間際、クルーザー級でリングに上がってきたロジッキーにダメージを与える。早い結末も予想されたが、回復したロジッキーは3回、上下にパンチを決めて反撃。これまで13勝13KO無敗のロジッキーはほとんど脚を使わず接近戦に活路を求める。体格とパワーで勝るリバスは攻めあぐみ中盤に突入する。

 ここでリバスは会場の声援を背に右アッパーを痛打するなど押し気味に展開。しかしロジッキー(26)は崩れそうで崩れず、のっしのっしと前進して抵抗する。それでも11回、強打を叩き込んだリバスがスパート。最終12回、ローブローで減点1を喫したものの、116-111、115-112×2のスコアで支持された。

 リバス(34)は28勝19KO1敗。L・ヘビー級統一王者アルツール・ベテルビエフや元WBO・L・ヘビー級王者エレイデル・アルバレスのチームメイトだ。

Related

関連記事