日本語

Home > ニュース > 井上岳志 オーストラリアで金星ならず WBO1位チューに大差判定負け
ニュース

2021年11月17日 水曜日

井上岳志 オーストラリアで金星ならず WBO1位チューに大差判定負け

 17日夜、シドニーのクードスバンク・アリーナでWBOグローバルS・ウェルター級王者でWBO世界同級1位のティム・チュー(豪)と対戦したWBOアジアパシフィック同級王者、井上岳志(ワールドS=写真)は12回判定負けに退いた。スコアは120-107が2者に119-108。

 チューの強い圧力と対峙した井上は序盤からアッパーや右クロスを被弾。ガードとタフネスで粘り強くラウンドを進めるが、空いているところをチューに打たれて失点した。ダメージを表に出さずに最後まで逆転を狙って戦ったものの、最終回にチューの右フックでバランスを崩しダウンを喫した。

 この試合に世界再挑戦をかけていた井上は無念。キャリア2敗目(17勝10KO1分)となった。WBO6位の井上をクリアしたチューは20戦全勝15KO。

 またセミのIBOインターナショナルS・ウェルター級戦は王者ウェイド・ライアン(豪)が日本ミドル級2位のワチュク・ナァツ(マーベラス)に10回3-0判定勝ちで防衛。スコアは99-90、100-90、99-91だった。ナァツは7勝3KO2敗2分。

Related

関連記事