日本語

Home > ニュース > カネロ次戦でクルーザー級進出も? 参謀レイノソ氏がWBC総会で仰天発言
ニュース

2021年11月17日 水曜日

カネロ次戦でクルーザー級進出も? 参謀レイノソ氏がWBC総会で仰天発言

 S・ミドル級4団体統一に成功したサウル“カネロ”アルバレス(メキシコ=写真)の次戦の相手が注目される中、トレーナーでマネジャーのエディ・レイノソ氏が仰天発言。WBCクルーザー級王者イルンガ・マカブ(コンゴ民主共和国)に挑戦させたいと語った。メキシコシティで開催されている第59回WBC年次総会で明かした。

 レイノソ氏はカネロの対戦相手に挙がっている前WBC・S・ミドル級王者デビッド・ベナビデス(米)のプロモーター、サンプソン・リューコウィッシュ氏に紹介されてあいさつ。カネロvs.ベナビデスの可能性について話した後、「来年5月か6月に予定されるカネロの次の試合はWBCクルーザー級チャンピオン、マカブが有力」と発言した。

「その後168ポンド(S・ミドル級)に戻り、ベナビデスと対戦するかもしれない」とサンプソン氏にリップサービス。同時にクルーザー級王座奪取に成功すれば「ヘビー級まで進出するかもしれない」とまたもや仰天プランをぶちまけた。

 ステージで会議を取り仕切っていたWBCマウリシオ・スライマン会長は「ベリー、ベリー、サプライズ。私はエモーショナルになっている」と発言し、同じ壇上のWBC幹部たちに賛同を求めると拍手が起こった。

「コングラチュレーション! WBCはユナニマスであなたがたの決断を支持します」と語った。現役最強ボクサー、カネロの前途がますます興味深いものになってきた。Photo by SUMIO YAMADA

Related

関連記事