日本語

Home > ニュース > U-22アジア選手権 東京オリンピック金の入江聖奈「同年代にリベンジ」 男女12選手出場
ニュース

2022年1月12日 水曜日

U-22アジア選手権 東京オリンピック金の入江聖奈「同年代にリベンジ」 男女12選手出場

 日本ボクシング連盟は12日、20日にウズベキスタンのタシケントで開幕するU-22アジア選手権の派遣選手を発表した。東京オリンピック女子フェザー級金メダルの入江聖奈(日体大)が出場する。

入江聖奈

 入江は大学でボクシングを引退すると表明しており、4年生となる2022年は現役ラストイヤーとなる。入江は連盟を通じて、「ユースの国際大会の時に同年代に負けてしまったので、今回はそのリベンジを目指します!!」とコメントした。

 男子は昨秋の世界選手権に出場したミニマム級の荒竹一真(駒澤大)、フライ級の田中将吾(東洋大)らが出場する。派遣選手は以下の通り。

■U-22アジア選手権出場選手
<男子>
ミニマム級 荒竹一真(駒澤大)
フライ級 田中将吾(東洋大)
バンタム級 牧野草子(自衛隊体育学校)
フェザー級 原田周大(専修大)
ライト級 西山潮音(駒澤大)
L・ウェルター級 北本隼輔(駒澤大)

<女子>
ミニマム級 加藤光(東洋大)
L・フライ級 篠原光(青山学院大)
フライ級 木下鈴花(日体大)
バンタム級 成田華(日体大)
フェザー級 入江聖奈(日体大)
ライト級 田中鈴華(芦屋大)

Related

関連記事