July
16
Tuesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

23°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > WBOミニマム級王者の谷口将隆が4.22初防衛戦 挑戦者の石澤開「KOが僕の仕事」

WBOミニマム級王者の谷口将隆が4.22初防衛戦 挑戦者の石澤開「KOが僕の仕事」

2022年2月22日 15時25分

 WBOミニマム級王者の谷口将隆(ワタナベ)が4月22日、後楽園ホールで同級5位の石澤開(M.T)と初防衛戦を行う。イベントは「PXBフェニックスバトル87」で、両選手が22日、横浜市内で記者会見を開いて発表した。試合の模様はひかりTVで生中継される。

王者の谷口(左)と挑戦者の石澤

 サウスポーの谷口(28=15勝10KO3敗)は昨年12月、2度目の世界挑戦でWBO王者ウィルフレド・メンデス(プエルトリコ)を10回TKOで下して王座奪取した。

 同門のWBA・L・フライ級スーパー王者の京口紘人から「初防衛戦はすごく緊張する」とアドバイスされた谷口だが、「性格的には防衛のほうが合っている」とも語り、防衛戦を歓迎。

 石澤には2年半前に対戦して勝利した。5回にダウンを奪われたが、あとは持ち前の機動力とスピードで石澤を翻弄する内容だった。それでも谷口は「2年半前とお互い全然違うと思う。彼の実力を知っているし、すごく警戒しているので、油断も慢心もなく、全力で臨みたい」と気持ちを引き締めた。

 石澤(25=10勝9KO1敗)は19年9月の日本タイトル挑戦者決定戦で谷口と対戦。5回にダウンを奪ったものの大差判定で敗れた。その後、21年の挑戦者決定戦に勝利。今年1月、谷口が返上した日本王座を森且貴(大橋)と争って8回KO勝ち。日本王座を獲得してすぐ、世界挑戦のチャンスをつかんだ。

 今回の試合を世界戦以上に「谷口選手へのリベンジ」と位置づける石澤。谷口戦でプロ初黒星を喫し、「負けたときのスタイルはガンガン前にいく当時はそれしかできなかった。(ボクシングは)パワーだけじゃないことを学ぶきっかけになった」と黒星を肥やしにしてきたと明かした。

 その上で「僕の仕事はKOで世界タイトルを奪取すること」とノックアウトを宣言。日本タイトル獲得からわずか3ヶ月で世界タイトル奪取という離れ業を演じるつもりだ。

Related article
関連記事