April
19
Friday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

17°C Clear
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > リゴンドウ×アグベコ 記者会見

リゴンドウ×アグベコ 記者会見

2013年12月5日 17時18分

 今週土曜日7日(日本時間8日)、米アトランティックシティのボードウォークホールで行われるWBA&WBO世界S・バンタム級統一戦プレス・カンフェレンスが4日ニューヨークのBBキング・ブルース・クラブで開催され、統一王者ギジェルモ・リゴンドウ(キューバ)、挑戦者で元IBF世界バンタム級王者ジョセフ“キングコング”アグベコ(ガーナ)と他の出場選手が出席した。両者のコメントは以下のとおり。

リゴンドウ(ボクシングニュース)
リゴンドウ(左)と挑発したアグベコ

リゴンドウ「私はカメラと人々の面前で多くしゃべるタイプの人間ではない。トレーニングキャンプは素晴らしく順調。私は土曜日戦う用意ができています」

アグベコ「これはアマチュアボクシングではない。全ラウンド、パンチ交換から逃れられないプロフェッショナルボクシング。ファンが観戦意欲を示すものをリングで提供しなければいけない。そう、観衆をエンジョイさせるためにインへ入り、パンチを繰り出さねばならない。私はリゴンドウがファイターとして向かってくることを熱望する。殺し合いのような試合をしよう。彼がリングを駆け回るだけではなく、ハートを誇示してくれることを望む。私は彼に勝てると信じている!」

 同じリングではマネージメントのトラブルなどでリングから遠ざかっていたスラッガー、ジェームズ・カークランド(米)がトップランク傘下のプロスペクト、グレン・タピア(米)とS・ウェルター級戦を行う。またゴロフキンに敗れたマシュー・マックリン(英)が無敗のラマー・ラス(米)と対戦する。Photo/BoxingScene.com

Related article
関連記事