日本語

Home > ニュース > ラウンドアップ(海外版)

WOWOWO井上

WOWOWO井上
ニュース

2013年12月12日 木曜日

ラウンドアップ(海外版)

セルヒオ・トンプソン(ボクシングニュース)
トンプソン

■WBC世界S・フェザー級チャンピオン三浦隆司(帝拳)に挑戦し激闘を演じたセルヒオ・トンプソン(メキシコ)が今週土曜日14日、プラヤ・デ・カルメンで再起戦を行う。相手は同国のセサール・チャベス。当初チャベスは荒川仁人(八王子中屋)と戦ったダニエル・エストラーダ(メキシコ)と対戦予定だったが、トンプソンにスイッチされた。

■WBOライト級王者リッキー・バーンズ(英)と指名挑戦者テレンス・クロフォード(英)のタイトル戦の入札がプエルトリコ・サンフアンで予定されたが、両陣営で合意に達したことがバーンズ陣営から発表された。試合は来年2月日、王者の地元スコットランドのグラスゴーで開催される。

■エリク・モラレスの末弟イバン・モラレス(メキシコ=WBC・S・フライ級11位)が土曜日14日、地元ティファナに登場予定。相手は元ランカーのメニー・ヒメネス(メキシコ)。モラレスは同国シナロア州でキャンプを行い備えている。プロモーターはGBPとモラレスのボックス・ラティーノ・プロモーション。

■強豪エドガル・ソーサ(メキシコ)を下したばかりの八重樫東(大橋=WBC世界フライ級王者)へWBCシルバー王者ルイス“ニカ”コンセプシオン(パナマ)が挑戦を熱望。先月の2位から1位へ昇格したコンセプシオンはタイソン・マルケス戦のストップ負け後7連勝している。


Related

関連記事