April
21
Sunday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

16°C Rain
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 訃報 脳死の元王者ハウレギが死去

訃報 脳死の元王者ハウレギが死去

2013年12月12日 16時53分

亡くなったハウレギ氏(ボクシングニュース)
ハウレギ氏

 10日メキシコ・グアダラハラの市民病院で脳死を宣告された元IBF世界ライト級チャンピオン、ハビエル“チャティート”ハウレギ氏が11日午後4時、息を引き取った。40歳だった。

 当初の報道ではハウレギ氏は心不全で入院したといわれたが、関係が深かったカネロ・プロモーションは、同氏は月曜日9日に激しい頭痛を訴えて入院したと伝えている。残された夫人によると、現役時代に被ったダメージに時折、悩まされていたという。

 ホセ・レイノソ・マネジャーは負けが多かったハウレギ氏(73戦54勝37KO17敗2分)が世界王者まで上り詰めたのは同僚だった元WBC世界S・バンタム級&フェザー級王者オスカー“チョロロ”ラリオスの存在が大きかったという。同氏は生前「私はチョロロの頑張る姿を見てヤル気がわいた」と話していた。

Related article
関連記事