May
22
Wednesday

ボクシングニュース | ボクシングビート編集部制作

share

21°C Clouds
Tokyo

Boxing News(ボクシングニュース)

Home > Match Information > 堤がデンカオセーンに健闘も最終回TKO負け

堤がデンカオセーンに健闘も最終回TKO負け

2013年3月19日 17時55分

 
堤英治

タイで19日に行われたPABA・S・フライ級タイトルマッチに出場した堤英治(三迫)は、王者で元WBA世界S・フライ級王者デンカオセーン・カオウィチット(タイ)に惜しくも12回2分58秒TKOで敗れた。

 国内でノーランカーの堤が元世界王者で現WBA3位のデンカオセーンに敵地で果敢に挑んだ。サウスポーの堤は10回に大きなチャンスを作り、11回を終わってのスコアは103-106が2者、101-108が1者だった。試合終了間際に打たれたところでストップをかけられたが、明らかなチャレンジマッチで大健闘と言える試合内容だった。

Related article
関連記事