日本語

Home > ニュース > 23歳の小畑武尊が日本ウェルター級暫定王座獲得 前王者の永野祐樹を圧倒し5回TKO勝ち
ニュース

2022年6月13日 月曜日

23歳の小畑武尊が日本ウェルター級暫定王座獲得 前王者の永野祐樹を圧倒し5回TKO勝ち

 日本ウェルター級暫定王座決定戦が13日、後楽園ホール「第613回ダイナミックグローブ」で行われ、同2位の小畑武尊(ダッシュ東保)が元王者で1位の永野祐樹(帝拳)に5回1分42秒TKO勝ち。永野は当初、チャンピオンの小原佳太(三迫)に挑戦予定だったが小原が負傷。暫定王座が設けられることになった。

「作戦はなかった」という小畑だが、初回から永野を圧倒した

 サウスポー対決は23歳の小畑が好スタートを切った。ジャブ、左ボディをコンスタントに出し、左アッパーもヒット。ラウンド終盤、左ボディを決めると32歳の永野がダメージを受けたのか後退。2回も小畑が左ストレートを決め、永野は単発で左を打ち返すもののいいところがない。

 3回、永野は巻き返そうとプレスを強め、一発逆転を狙って左を思い切り打ち込んでいった。左を当てるシーンを作り、徐々にプレスが効いてきたが、いかんせん正直にパンチをもらいすぎる。小畑は手数が衰えなかった。

 5回、前に出る永野に対して小畑のパンチがまたしてもヒット。小畑が左、右フックを決めたところで赤コーナーからセコンドが駆け上がり、主審が試合を止めた。小畑は12勝5KO5敗1分。永野は19勝15KO4敗。

小畑の話「今回の試合についてタイトルマッチだからといって気負うことなく舞い上がらないように冷静にやることができた。普段自分よりも重たい選手とスパーリングしたことが役に立ったと思う。(永野は)左ストレートが強くて警戒しまくったんですけど、テンプルにもらってしまってたんこぶができています。(王者の小原は)長身の選手でやりなれない相手ですけど、ここまできたらだれとやっても強いので、また平常心でがんばりたい」

中野は危なげない内容でデビューから6連勝

◇フェザー級8回戦
中野幹士(帝拳)[KO3回1分36秒]ファニト・パレデス(比)
 アマ7冠の日本S・フェザー級17位のサウスポー中野が初回から力強いボディブローを打ち込んでいった。パレデスは中野の右ガードをしっかり上げて左を警戒しつつ右を出した。中野はさまざまな角度からパンチを打ち込み、ディフェンスの固いパレデスを崩していった。

 中野は3回、力強いボディを決め、左ストレートを顔面に打ち込むと、あまり強いパンチに見えなかったが、パレデスが崩れ落ちて悶絶。10カウントとなった。中野は6勝5KO。比国フェザー級5位のパレデスは9勝4KO8敗1分。

福井(左)は粘り強く攻め続けて7回TKO勝ち

◇S・バンタム級8回戦
福井勝也(帝拳)[TKO7回1分59秒]ジェイソン・ブエナオブラ(比)
 サウスポーの比国バンタム級5位ブエナオブラが前傾姿勢で前に出て、日本S・バンタム級18位の福井はまずは相手をしっかり見て打ち終わりを狙った。体格で上回る福井は2回、ボディへの連打、右ストレートを決めてピッチを上げる。3回、さらに福井は前に出てボディを攻め立て、左フックを顔面にカウンターで決めてダウンを奪った。

 福井は4回以降も多げにパンチを打ち分けて試合を優位に進めたが、ブエナオブラもよく粘って5回には左フックを決めてみせた。福井はタフなブエナオブラを攻め続け、7回にエンジンをふかすと左フックを決めたところでストップとなった。福井は無傷の4勝3KO。ストップの瞬間、不思議そうな表情を浮かべたブエナオブラは8勝3KO7敗3分。

この日の村田はパワーを感じさせた

◇バンタム級6回戦
村田昴(帝拳)[TKO4回終了]ジョン・マーク・ティフ(比)
 アマチュアで豊富な実績を誇る村田が日本でのプロデビュー戦。サウスポーの村田は圧力をかけながら左ストレート、右フックを打ち込んでいった。ティフも慎重にディフェンスを固め、右フック、左フックをリターンして抵抗する。3回、村田はさらに圧力を強めて距離を詰めてパワー勝負、左ボディを効かせてダウンを奪った。

 村田は4回、上下にパンチを散らして攻め立てるが、ティフも粘り、右フックを決めて抵抗を続けた。しかしこのラウンドが終わり、ティフ陣営が棄権を申し出た。村田は昨年のアメリカデビュー戦に続いて2連勝(2KO)。ティフは6勝2KO2敗2分。

初陣を飾ったホープ金子

◇フェザー級6回戦
金子虎旦(帝拳)[TKO2回1分36秒]パシス・ウィセッツ(比)

◇S・フライ級4回戦
高橋秀太(角海老宝石)[TKO1回2分24秒]宇野楓麻(花形)

Related

関連記事